インプラントはいつ頃始まったのか

大切な歯を何らかの理由で失ってしまった時、人工歯根を埋め込み修復する新しい治療法がインプラントと呼ばれているものです。

骨折をした時など骨折をした部分などをボルトで止めているなどと言う事を聞いた事がありますが、あごの骨に金属を埋め込むと聞くと医者嫌いの私は背筋に鳥肌が立ってしまいますが・・・・

自分の歯と同じように噛むことができ、現在世界で注目されている治療法ですがインプラントの始まりというのはどんなものだったのでしょうか。

始まりは1952年にさかのぼると言うのですから私が思っていたより結構な歴史があります。

スウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士が、血液の流れに関する研究を行う為、ウサギの体内にチタン製の生体顕微鏡用の器具を埋め込む作業をしていました。

ところがこの時、骨と顕微鏡器具がくっついて外すことができなくなってしまったのだというのです。

この幸運とも言える偶然の出来事が、現在のチタン製インプラントの始まりであるとされているそうです。

ブローネマルク博士はその後13年間、さまざまな基礎実験や動物実験を重ねて、歯科治療への応用法を探っていきました。

そしてチタンがある一定の条件で骨に埋入された時、骨の拒否反応は起こらず、強い結合が生まれることを明らかにしたのです。

博士はこれをオッセオインテグレーション(骨結合)と命名しました。

そして1965年、人工歯根としての臨床応用をスタートし、現在のインプラントの基盤となったというわけです。

ただブローネマルク教授が歯科医師ではなかった事などがありブレークするまでには時間が掛かったようです。

最初にインプラント治療を受けた30代の男性のインプラントは、35年以上経った今も何の問題もなく機能していると言われています。

1998年、ブローネマルク教授はチタン製インプラントの実績によって、スウェーデン政府からグランドプライズ賞を授与されました。

チタンと骨との結合は科学的に正しいと認知されるようになったのだということですね。

チタンの時計バンドなどがよく売れているそうですがチタンは人の身体と相性が良いのですね。

インプラントと入歯、差し歯の違い

インプラントとは何かという事ですが人工歯根(じんこうしこん)という意味のようです。

従来からあるブリッジや入れ歯に変わる歯の再生法といった所でしょうか。

従来のような残っている歯を利用して作るブリッジや入れ歯とは違い
顎の骨に人工歯根を埋め込んで、その上に人工の歯を作製する方法です。

見た目も綺麗で歯を自然な形に近づけることのできる新しい治療法として、現在、多くの歯科で勧められている治療法という事です。

従来からの治療法、ブリッジや入れ歯の欠点を克服する画期的な治療法として注目されていると言われていますが、具体的な違いは何なのでしょうか、調べて生きたいと思います。

例えば虫歯などで歯を1本だけ失った場合、従来法では失った両隣の歯を削り、固定する、ブリッジ法がとられています。

それをインプラントですると、失った部位にのみを治療し歯根を埋め込んで作るため健康な歯を傷つけ無いというところが利点のようです。

また、自分の歯とほとんど見分けがつかず、美しさをとり戻すことができるという点も利点のようです。

さらに歯をたくさん失った場合、従来法では、健康な歯に針金をかけて入れ歯を固定する方法を行なうようですがこれも、針金をかけた歯にも負担がかかることになります。

これがインプラントですと、歯のない部分に複数のインプラントを入れて、固定式の人口歯をとりつけるため、周囲の歯を傷つける心配はありません。

歯を全て失った場合、総入れ歯になります。

従来法では、歯肉とポリデントなどの吸着剤で入れ歯を支えています。

これでは安定が悪くガタついたり、また味覚も損なわれたりしてしまいます。


これがインプラントですと、数本のインプラントを入れて維持装置を取り付け、これで入れ歯を固定します。

草する事によって入れ歯のように取り外す必要がなく、違和感もなく自分の歯のように噛むことができる用になります。

さらにガタつきの心配もありません。

このようにインプラントはいいこと尽くめのようですが本当にそうなのでしょうか。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。