インプラントの手術とは

天然の歯に近い状態で違和感なく、しっかり噛むことができ、見た目も綺麗で画期的な治療法として、現在多くの歯科医で行われているインプラント治療ですが、実際にはどのような事を行うのでしょう。

インプラント手術とはどの程度のものなのでしょうか

手術と聞いただけで怖くなってしまう人がいるかも知れません

チョットどのような過程なのかを調べてみましょう。


”手術”と聞くと、ドキッとしてしまいますね(汗)

手術なんてした事がないという人も多いでしょう。

私も盲腸の手術をしただけですが出来るならしたくないですね。

恐らく誰しもが初めての経験には不安を感じるものです。

痛みへの不安や怖さを感じる人も少なくないでしょう・・・。

でもそれほど心配することはないといわれています

抜歯と同様、インプラント手術は局所麻酔をして行いますので、手術中に痛みを感じることはありません。

時間的にも、それほど時間はかからないようです。

手術の内容を良く理解しておくことによって、手術への不安は知らないより和らいでいくものです。

では、手術の流れはどういったものになのでしょうか。

まず、インプラント手術が可能なのか、何本インプラントを埋めるのかなど、断層写真を撮って医師と念入りに治療の計画をたてる事からはじめます。

そしていよいよ手術開始です。

インプラントが入るための穴を開ける為、局部麻酔をして歯肉を切開します。

次にインプラントを入れやすくする為に、ネジ状の溝をつけます。
そして、インプラントを埋め込みます。

その後、インプラントと骨がつくまで、1ヶ月〜3ヶ月待ちます。(骨の状態や様々な条件により異なります。)

この期間、インプラントの上に仮歯を使用できる場合があります。

最後にインプラントと骨がついたら、再び歯茎を開いて、人口歯を装着する準備をします。

歯茎が治った時点で、人口歯の作成のため、型を採ります。

人工歯を装着して一通りの治療が終了です。

こう見ると、結構長期の歯科通いになりますね、一生物ですから仕方ないのかもしれませんが。

インプラント治療を受けられない人

インプラント手術に適さない人


インプラント治療とはチタン製の人工歯根をあごの骨の中に埋め込んで、その上から人口歯をかぶせる、新しい歯科療法です。

インプラントのメリット・デメリットまで調べてきました。

前回の記事でインプラントが適さない人がいるということを書きますた。

その方たちはどのような方たちなのかを調べてみました。

左右の自分の歯にはまったく負担をかけず、さらに違和感もほとんどなく、咬む力がそのままあごの骨にも伝わるため、自分の歯と同じような感覚で咬むことも出来るインプラント治療は入れ歯やブリッジの欠点を克服した画期的な治療法とまで言われています。

しかし、どんな人でも手術を受けられるわけではありません。

どのような場合、インプラント治療が受けることができないのでしょう。大まかにですが下記のような方たちには向いていません。

まず、妊娠中である人、歯根に感染症がある人、歯周病の人、あご骨の量が少ない人、骨粗しょうの人、このような方たちはインプラント治療が制限されます。

医師が適切な処置をした後で、受けられる場合がありますが、念入りな事前準備が必要になります。

また、あご骨の成長が終わっていない16歳以下の人もインプラント手術を受けることができません。

また、健常者なら問題は無いと思いますが術後、口内環境を清潔に保つ必要がある為、きちんと歯が磨けるかどうかも重要なポイントになります。

歯を毎日磨くことが困難であると判断された場合は、手術を受けることはできません。

その他に、これは当たり前の事かもしれませんがアルコール依存症の人(術後、しばらくの期間はアルコールを控えなくてはなりません)、医師との意思疎通が困難な精神的に問題のある人、あるいはチタンアレルギーのある人も手術を受けることは難しいと言えます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。