手術前の準備・確認(その2)

自分の歯と同じように噛むことができ、見た目も自然で新しい治療法として、入れ歯やブリッジよりメリットが多いことから、インプラント治療を選ぶ人は多くなっているそうです。

しかし、インプラントは外科手術を受けることになります。

手術ということで、不安に思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

手術前に確認しておきたい事でもう一つ口の開き具合があるそうです。

それはうまく口を開けておくことができるか、というポイントだそうです。

普段の生活では、ほとんど意識しない事ですね。

ですが、手術を受ける時には大切な事の1つになるそうです。

手術時間は普通15分程度と短いのですが、その間、ある程度大きく口を開けることができないと、インプラント挿入が難しくなってしまいます。

それではどの位開けば良いかというとインプラント挿入の箇所や、やり方によって異なってくるそうですが、

”正常に開く”とは、だいたい指3本(人差し指+中指+薬指)を縦に入れることができればまず問題はないといえるそうです。

普段意識していませんから解りませんでしたがやってみると思ったほど口は開けないものですね。

開きにくい人は、主治医の先生に前もって伝えておくことが必要です。

そして毎日、口を大きく開く練習をしましょう。毎日練習することによって、少しずつ開くようになりますよ。是非やってみてください。

手術前の準備・確認(その1)

現在では多くの人がインプラント手術を受けています。

ですが、”手術”と聞くと、私もそうですが何となく怖くてしり込みしてしまう人も多いのではないでしょうか。

どんな事をするの?自分にもできる?などと、不安に感じてしまいますよね。

手術前に確認しておきたい事はいくつかありますが、その中の一つに、”のどの具合”があるそうです。

それはどういうことかというと、のどに水をためられるか、ということです。

高齢になればなるほど、のどの筋力の低下により、のどに水をためて鼻で息をする事が難しくなります。

手術時間は15分程度で短いので、あまり神経質に考える事はないようですが、一度自分で実験してみましょう!

まず、ひと口程の水をのどの奥にためて、上を向き、鼻で息をしてみて下さい。

2分程度できればインプラントを含めて、全ての歯科治療はスムーズにできるでしょう。できない人でも、何回か練習すると上達していくようです。もし今出来なくても練習すれば出来るようになるそうですから練習してみて下さい。

でも、水を喉の奥にためていられない、うまく息ができないといって、インプラント手術をあきらめなければいけない、という事では無いようです。

前もって、その事を主治医の先生に伝える事の方が肝心なことのようです。

息が続かないならば、続けて手術をせず休み休み行うとか、あらかじめ主治医の先生に言っておけばが先生が工夫をして行ってくれるようです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。