インプラント費用は高いか、安いか

インプラント治療費は高いか?それとも安いか?

歯の抜けた箇所に人工歯根を埋め込んで、その上から人工の歯を取り付ける治療法、インプラント。

入れ歯やブリッジと違い、自分の歯のように噛む事ができ、見た目も自然の歯とほとんど変わらず、周りの歯を傷つけることなく治療することができる優れものといわれています。

今注目されている治療法ですが、ただ費用が1本あたり20万〜60万くらいかかります。

そして、皆さんお解りのように治療代に幅があります、そしてその差は消して小さなものではありません。

インプラントの種類、治療法、医院の場所や大きさなどによって異なりますが決して安い治療費ではありませんね。

ではなぜインプラント治療は高いのでしょう。

まず、ひとつは残念ながら健康保険が使えないという点があります。

保険外診療・自費・自由診療になります。

またインプラント治療は、人工歯根の移植治療です。

移植手術は簡単な手術ではないということが大きな要素です。

取り付ける歯はオーダーメイドで、医師だけでなく、歯科衛生士、歯科技工士の知識と技術の集大成ということです。

そしてほとんどが細かい作業です。

1本の歯を時間と手間をかけ、丁寧に作りあげるのです。

そして考えなくてはいけないのがインプラントは半永久的に使えるものだということです。

確かに治療費は高いと感じますが、入れ歯のように、合わなくて何度も作り直す必要はなく、インプラントによって体調が良くなったり悪くなったりもする物です。

噛み心地の良さや審美性の観点からをみても、他の治療法とは比較にならないのという事になるのかもしれません。

これらのことを考えると、インプラント費用が他と比べて高いとは一概に言えなくなってきてしまいます。

また、治療費や診査費は医療費控除の対象になりますので、場合によっては確定申告することで半分以上戻ってくることもあります。

このことも考慮に入れて考えてみる事も必要なのかもしれません。

こう考えてくるとただ単純に高い安いではなく技術的な観点からも考える必要があるかもしれませんね。

なにしろ、毎日それも長いお付き合いをする自分の歯ですからね。

インプラント費用の相場は?

歯をなくして困っている人は多いようです。

治療をしなくてはいけないけど、入れ歯は年寄り臭くていやだなと思っている若い世代の人、あるいはブリッジで健康な歯を削りたくない・・・。

そう思っている人たちの多くが最近はインプラントを選択しているようです。

入れ歯やブリッジとインプラントの違いは、簡単にいうとインプラントは“自分の歯”とそっくりな状態にできる所です。

インプラントはチタンで作られていて、しっかり固定されたいわば歯の足ということになります。

これに人口歯を装着するわけです。

人口臓器の中では最も完成度の高いものの1つに挙げられという事です。

そんな素晴らしいインプラント治療、でも気になるのが費用ですよね。

なぜなら前にも書いたとおりインプラント治療には保険制度は使えず、自費診療になるからです。

ではその治療費の相場はいくらくらいかというと

日本の場合、インプラント治療の費用は、1本あたりだいたい 20万円〜60万円です。

かなり大きな幅がありますね。

医院によって様々なんです。

関東ですと35万円〜45万円くらいが相場です。

ここでいうインプラント1本というのは、インプラント本体と人口歯を合わせた値段です。

注意しないといけないのは医院によってはインプラント本体のみでの値段表示をしているところもあるので、気をつけてくださいね。

インプラント費用は、インプラントや人口歯の種類、歯科医師と歯科技工士の腕や経験、保障期間の長さ、人件費、医院の場所など、様々なことが関係してきます。

また、あごの骨がなく、骨を作る場合は”骨を作る手術”を行う為、さらに別に費用がかかります。

別途だいたい、5万〜50万円です。(これもかなり幅があります。)

いずれにしても、インプラント治療は安いものではない事がいえると思います。

慎重に検討をされて良心的なより良い医院を選び、手術を受けることをお勧めします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。