インプラント手術の成功率

このサイトは歯科医が書いているサイトではありません。

素人が知人(70代)に聴かれて調べて解った事を書いています。

ご自分で調べるのが億劫だと思う方、参考程度に読んでください。念のため。

インプラントの手術は保険が利きません。

治療費は全額自費になります、折角高いお金を払って手術して万一失敗はないのか心配になります。

その辺はどうなのでしょう。


インプラントは外科手術です、手術というからには、やはり気になるのは成功率というか失敗は無いのか気になりますよね。

まずは、インプラントを埋めてその上に人口歯を装着し終わった時に痛みや腫れがなく、しっかり噛む事ができ、見た目にも綺麗な状態であれば問題が無いですよね。

そして手術後、痛みや不快感がなく、患者さんが満足した状態が10年以上続くようであればなお良いですよね。インプラントは一生ものだと言われていますからね。

この2つめの成功をクリアする確立は現在約96%ぐらいであると言われているそうです。

この確率は外科手術の中でも、とても高いといえると思います。

残りの4%は様々な原因により、インプラントが脱落してしまった場合です。

例えばインプラントを埋入してから、骨としっかり結合するまでの間に細菌が感染して、脱落してしまう事もありますが、それ以降の脱落には、患者さん自らの努力が大きく関係していくそうです。

歯をしっかり磨いていなかったり、年に2、3回のメンテナンスを怠っていたりすると、インプラントの寿命は短くなってしてしまう例もあるのです。

ただ、たとえインプラントが抜けてしまったとしても、歯が抜けた箇所の傷は半年程で完治しますし、その後でインプラント治療をやり直すことも可能です。

こう見てきますとインプラントの手術自体には余り心配はないが、手術後の自分自身の自己管理が大切だという事でしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。