インプラント術後のメンテナンス

ここまでインプラントに対する基礎的なことを調べてきました。

インプラントがどんなものか、そして手術に関して、後は手術後の維持はどうするかという事ですね。

今回はそのあたりについてです。

インプラントは今は永久的に使うことができる、といわれています。

ですがこれは、適切なメンテナンスをしっかりと行った場合のことです。

せっかく手術をして快適な生活を手に入れても、日々のメンテナンスを怠ると、永久的といわれているインプラントの寿命を短くさせてしまうことになりかねません。

より良い状態でインプラントと長く付き合っていけるために、ご自身による定期的なチェック、メンテナンスが必要です。

まず、自宅でできる重要なメンテナンスは、言うまでも無く毎日の丁寧な歯磨きです。

歯科医で指導されたブラッシング方法で正しく行い、”食べたらすぐ磨く”ことを必ず心がけましょう。

何故かと言うとインプラントには神経がありません。

ここ大事な事ですね。そうです神経が無いということは何が有っても気が付かないという事になります。

・・・ということは、感染が起こっても自覚がないのです。

グラグラしてきたり、膿が出たりしてから気がつくのですが、こうなってしまっていては、既に時遅し・・。

こんな可能性もあるわけです。

ですから、治療が終了した後は、必ず定期的に検診を受けましょう!

インプラント治療後、最初の1年は、徐々に骨が固まっていく過程にあります。

そのような状況ですから3〜4か月ごとに1回、定期検診を受けた方が良いということです。

レントゲンを撮って、順調に骨がついていっているかの確認をします。

1年目以降は、インプラントに異常が起きる確率は非常に少なくなりますから1年に1回の検診で十分になるそうです。

検診では、インプラントと歯肉の状態、歯周組織検査、噛み合わせのバランスのチェックをし、歯科衛生士による口腔清掃方法の確認と指導、除石をして歯のお手入れを行います。

このような検診は、インプラントを入れた歯科医で行うことをお勧めているそうです。

インプラント手術を通じての情報は、骨の状態、歯肉の状態、お口の中全体の環境のことなど、実際に手術を施した歯医者さんが一番良く分かってくれています。

責任をもって、チェックしてくれることでしょう。

車のオーナーとそのディーラーの関係ですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。