インプラント手術後の注意点

今使っているブリッジや入れ歯の使い心地が悪い、あるいは事故で歯を失ってしまった方などブリッジや入れ歯に置き換わる、最新のインプラントですが、手術をすると言う事で、なにかと不安に思ったり、構えてしまったりする人も多いと思います。


手術中は歯科の先生にお任せするしかありませんが、手術後はどうなのでしょう。

これもチョット不安ですよね、どういった注意が必要になるのでしょう。

手術後は、抗生物質や痛み止めが出されます。

痛みがなくても、鎮痛剤以外の処方された薬は、体に変調がない限り服用します。

抗生物質は1週間分、飲みきります。雑菌から傷口を守る為、ちゃんと指示通りに飲む事が必要です。

これって重要な事だそうですね、素人判断で途中で服用を止めてしまわない方がよいそうです。

主な注意事項は抜歯の時と同じです。

お風呂・お酒・運動など、止血の妨げになるような事は避けます。シャワーは大丈夫です。

食事は、出血がある為、気持ちよく食べることはできませんが、やはり栄養を取ることも重要になります。

ですが、インプラントに食物などによって刺激が加わると、感染の原因になったり手術の失敗につながったりしてしまうこともあるそうですから注意が必要です。

ですから、最初の2日間くらいはジュースやスープ、栄養価の高いベビーフードなどのなるべく柔らかく、あまり噛む必要のない物を、インプラント治療箇所と反対側で噛むようにして食べるようにします。

熱いものや辛いものなどの刺激物も避けるのは当然です。

また、大きく口をあけたり、笑ったりするのも避けるようにします。

飲酒や喫煙は、できるなら2週間は控えます。

これは辛い人もいるかもしれませんが、禁煙の絶好のチャンスかもしれません。

過激な運動も2、3日は避けるようにします。

毎食後、就寝前に、処方された薬で消毒します。

要するに医師に指示された事を忠実に守ることが、インプラント手術の成功の重要なポイントです!

こう見てくると抜歯の時とそんなに変わらないくらいですね、時間的に少し長いですが。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。