インプラントのデメリット

インプラントのデメリット

インプラントとは、ここでは歯の人工歯根を指していますが広くは欠損や外傷を受けた部位に埋め込むために人工的に作製した器官・組織の代替物、またはそれを埋め込むことを言います。

人工関節・義歯・腱・血管などをさします。

そして、歯科領域で行われている、このブログで取り上げているインプラントのことを総じてデンタルインプラントと呼んでいます。

デンタルインプラントは虫歯や歯周病、事故などで歯を失った場合に、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のことを指します。

取り外しの効く入れ歯や、なくなった歯の両隣の歯を削って失った部分の歯をつくるブリッジに比べて、利点が多い為、現在ではより多くの人に利用されるようになっています。

しかし、インプラントにもデメリットはいくつかあります。ここではインプラントの欠点について調べてみたいと思います。

まず、誰しもがインプラントで治療ができるわけではなく、入念なカウンセリングが必要です。

インプラントを利用できる人と利用できない人がいるそうです。

また、治療期間が他の治療法に比べ長くなるという点があります。

入れ歯なら1週間程度、ブリッジなら早くて10日程でできるところを、インプラントですと、早くて6週間、長い場合は3ヶ月程かかります。

この間をどう過ごすかという事も大きな問題です。

歯垢を落しただけで気持ち悪いですし、虫歯を治療しただけでも2〜3日気分が悪い私ではこの間食事が喉を通らないかもしれません(汗)

また、インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込むわけですから外科手術を受けることになります。

顎の骨や歯肉を削ることになるので、出血や腫れ、さらには細菌の感染による合併症が起こってしまう可能性も出てきます。

包帯をするわけにいきませんからね(笑)


そして、手術完了後も定期的なケアが(歯石除去など)必要になります。

衛生的な環境にしておくとこに注意しなければならないのです。

さらに他の方法は保険で治療を行うこともできるのですが、インプラントの場合は健康保険が適用されてないので、自費治療となります。

自費治療これは大きな問題ですね。
【インプラントのメリット・デメリットの最新記事】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。