インプラントのメリット

インプラントのメリット


事故や歯周病などで失ってしまった歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込んで、人工歯を装着する治療法がインプラントという方法です。

最近テレビのニュースや雑誌の話題でも、よく目にするようになって話題になってきています。

チタンや最先端技術を取り入れて、今までの入れ歯やブリッジの欠点を克服した治療法として最近富みに注目されているインプラントですが、具体的には、従来法と比べて、どのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、自然の歯と同じように噛むことができるという大きな点があります。

歯が丈夫で自分の歯で食べる事ができる人は考えた事がないと思いますが、何でも失ってみて初めてその存在の大切さに気付くものです。

その点から見てもインプラントの最大のメリットは自分の歯の約80%程度の噛む力を残すことができるという事です。

入れ歯と違い、しっかりと固定されているため、不安定にガタつくことがなく、固い食べ物でも違和感なくおいしく食べることができます。

そして、物を食べた後も、入れ歯やブリッジと比べて、周りの歯に食べかすなどが付着しにくいという点があります。

そのために、周りの歯に虫歯が出来にくくなるそうです。

もう1つの大きなメリットして挙げられるのが、従来のブリッジと違い、周りの健康な歯を傷つけることがないという点があります。

そして入れ歯と違い、耐久性も優れていて、ほぼ永久的なものであるといわれています。

と言う事はインプラントは一生ものという事ですね。

そしてこうした機能的なメリットの他に、もう一つ見た目の美しさがあります。

自分の歯と比べて違和感がなく、見た目がとても自然なのです。

これはやはり、女性だけに限らず重要なポイントですよね。

一生つきあっていくインプラントですから、やはり見た目的にも満足したものでないと、気持ち良く使い続けていけませんからね。

そう言った意味からも、そして機能の面からも、インプラントは自然の歯により近い歯を持つことができる治療法であるといえます。

何だかいいところばっかりみたいですね、インプラントにデメリットは無いのでしょうか。
【インプラントのメリット・デメリットの最新記事】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。